盗聴器に関する用語集

 盗聴器に関す言葉は、どれも専門的過ぎて分かりにくいですよね。聞いたこともないようなことばが多く、素人からしたら戸惑ってしまうかもしれません。そこで、そんな盗聴器に関する用語集のページを作成しました。これはほんのごく一部の言葉ですが、これからもう少し盗聴に関することについて調べるなら参考になると思います。

用語一覧

・アンテナ
「電波」になるのは、どの状態を指すかご存知ですか?盗聴器の場合、盗聴した会話をアンテナを伝って受信機へと発信するのですが、このアンテナから発信されて空中に飛んでいる上体が「電波」といった言葉の状態になります。つまり、アンテナがその発信源というわけです。アンテナでイメージすのは、テレビやラジオのアンテナではないでしょうか?一戸建てのお住まいなら、屋根にアンテナが付いてますね。それに、ラジオを聞くためには電波を受信するためにアンテナを立てます。盗聴器も同様で、このアンテナから発信される電波を受信側のアンテナでキャッチして盗聴することになります。ただしアンテナの形状はさまざまなので、一般的なアンテナとは違った形状が盗聴器には付いている可能性もあるので覚えておきましょう。
・周波数
周波数は、良く出てくる言葉ですね。周波数の単位はhz(ヘルツ)と表記され、電波が一秒間にどのくらい変化するのかといったものを数値化したものです。この変化の度合いが高いほど、hzで表す単位も大きくなります。周波数が高いものを「短波」、周波数が低いものを「長波」と呼ぶのですがそれぞれに特徴があり、短波は反射力には乏しいが貫通力が高く、長波はその逆で貫通力には乏しいが反射力には優れています。盗聴器にはそれぞれ周波数が決まっていますので、この周波数の特徴を活かした盗聴器を選ぶことが必要になります。
・ストーカー
ストーカーとは、ある特定の人物に付きまとったり待ち伏せを行う行為のことです。恋愛感情の成れの果てや、恨みといった感情から引き起こされます。以前は付きまとったり待ち伏せする行為が犯罪として認められることが少なかったのですが、ストーカー絡みの事件が多発してからは「ストーカー規正法」が2000年に制定されてからは、これらの行為は立派な犯罪として処罰の対象へとなったのです。
・壁マイク
壁マイクは無線式タイプや有線式タイプとは違って、直接会話を盗聴するタイプのものです。壁に伝わる音を壁マイクによって増幅し、通常人の耳では聞こえないような音を聞くことができます。直接聞くタイプの盗聴器なので、良く刑事ドラマなどにあるような隣の部屋を借りて盗み聞くようなものとなります。

2016/11/17 更新

Copyright (C) 2008 盗聴器解体新書. All Rights Reserved.